fc2ブログ

2023年10月 | ARCHIVE-SELECT | 2023年12月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

柴犬のさくらちゃん。

・・・その相談は、老犬の引き取りの依頼でした。

その相談を受けてから、ずっと、イライラしている自分がいます。
それは、他人にではなく、自身の不甲斐なさに腹立たしく思い、苛立っていると、気がついています。

その相談は・・・
本来の飼い主である両親の死去に伴い『家と柴犬が1匹』、突然、息子さんに残されてしまい、困っているという内容です。

息子さんは、現状、世話ができる状態ではなかったようですが、両親が亡くなった後、頑張ってその柴犬の世話をしてきたようです。
その結果、やはり無理だったようで、困っている、との相談でした。

息子さんの話しでは、その柴犬は目も見えなく皮膚病もあるとのこと・・・
ご自身は、仕事柄、夜勤などもあり、24時間、家を空けることが多いそうです。



その柴犬の名前は「サクラ」ちゃん・・・
17年間、彼のご両親と室内飼育で、暮らしてきた女の子です。
katusaku.jpg
排泄は外派だったらしく、吠えて尿意便意を知らせるようです。
ご両親のどちらかが、在宅のことが多かったのかもしれませんね。

目も見えないこともあり、仕事に行く際は、サークルに入れて出勤したそうです。
当然・・・帰宅すると排泄物で中がぐちゃぐちゃで、清掃に1時間半もかかったそうです。
くたくたに疲れて帰宅して、その状況・・・想像するだけで、大変さが分かります。

両親を突然、失ったばかりで、その悲しみも癒えぬまま・・・サークルの中の、排泄物にまみれた17歳の老いた柴犬とサークルを見て、泣きたい気持ちになったのではないでしょうか・・

紙おむつの着用なども試み、工夫などもしたそうですが、便がはみ出たりして上手くいかなかったそうです。
さくらちゃんの排泄物のお世話が、とにかく大変だったそうです。

24時間1匹で留守番、なんて・・視力も聴力もない17歳の老犬に・・そもそも、無理ですよね。
ペットシッターを連日依頼するなど、現実的には難しそうです。

katusaku2.jpg

結局、お庭に大きめの犬小屋を準備し、中に布団を敷いて、心を痛めながらもさくらちゃんを外に出したそうです。

17歳のサクラちゃんは、視力も聴力も失って・・
ある日を境に、突然、信頼していた飼い主さんの姿も気配も、感じることができなくなってしまった・・

飼い主さんが亡くなった意味も理解しないまま・・結局、さんらちゃんはお庭に出されました。


さくらちゃんは、何を感じ、何を思ったのでしょう。

仕事で留守の間、庭でずっと吠えていたそうで、ご近所からの通報で、保健所のスタッフが駆けつける騒ぎになってしまったそうです。
その時、保健所の職員から、動物愛護相談センターに相談するように言われたそうです。

katusaku1.jpg


私への電話の内容は、そのサクラちゃんの引き取りの相談でした・・・

私は、今、現状では引き取りは無理です。
Kさんのお店でも到底無理なこと・・夜間は人がいなくなり、吠えまくったら大変です。


IMG_8404k.jpg


「個人の活動の限界」と言ってしまえば、簡単なこと、
こんな時に便利な言葉は・・「仕方がない」
言い訳をすれば、いくらでも言い訳を言える自分に、腹が立ち、イライラしているわけです。

「これから、寒くなってくるのに、あの年齢であの皮膚で、室内外だったのにいきなり室外で・・」とか・・
いろいろ考えてしまい・・
さくらちゃんの姿が頭から離れず、気持ちがモヤモヤしているわけです。


IMG_84742.jpg

モモもカイ君も雄太も、飼い主さんの、急死で引き取った子たちです。
サクラちゃんと、モモやカイ、雄太との差は何なのか、と・・考えてしまうのです。

現実的に、もうこれ以上は引き取るのにも場所がなく、我が家ではサクラちゃんを受け入れられません
知人団体にも、引受先がないかを聞いて貰っているのですが、暫くして、やはり引き取り手はいないとの回答でした。

・・・溜息しか出てきません。


視力はなく、恐らく、聴力も低下していて、飼い主さんとお別れしたばかりで精神的にも不安定化もしれない。
アレルギーもあるようなので、外耳道炎や皮膚炎があると思われ、おそらく臭いの問題もあるかもしれません。
今、お世話をしている方も詳しい性格はわからないのかもしれませんが、噛みつくようなことはないとのこと・・


どなたか、そんな17歳のさくらちゃんの状況を承知したうえで、さくらちゃんを受け入れてくださる方はいらっしゃらないでしょうか。
長い期間ではないかもしれませんが、大変なお世話になるかと思います。
もし、いらっしゃいましたら、こちらまで連絡をお願いいたします。

| 犬&猫 | 16:51 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT