fc2ブログ

2022年12月 | ARCHIVE-SELECT | 2023年02月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

カイくんとももちゃんのお散歩。

チビ太君・・。
少し寒い日は、薄い洋服を着せて散歩に行きます。
そして・・この数日は極寒・・・。
今夜から明日以降は、もっと寒くなるらしい・・。

僧帽弁の弁膜症の術後、すっかり健康体になったチビ太君は、少しふくよかに・・・
結果・・それまでに着ていたどの洋服もパツンパツンです(笑)

タンスの中の暖かそうな厚めの洋服を探したら、ちょっと大きめかな~みたいな洋服が見つかりました。
6D31D61E-6264-4E56-9A54-2AD8BC24FC8A.jpg
着せてみると、まぁ・・ちょっと、ゆったりした感がありましたが、いい感じ!です。

チビ太としては、ちょっと気に入らなかったような感じで歩いていましたが、暖かそうではありました。
3D4130F6-9036-46D2-9F00-448294072912.jpg
今、あるもので間に合って、良かった~。


18日の水曜日に、カイ君に会いに行く約束をしていました。
69345.jpg
痴呆の症状があるモモちゃん・・お留守番が不安なので一緒に連れて行きました。

グラウンドに迎えに行き、カイ君を車に乗せ、前回と同じ公園に向かいました。
69343.jpg

車の中でも、ルンルンとしていたカイくん・・・
外を見たり座ったり・・・なんか楽しそうな顔をしていました。

69340.jpg

公園に着き、散歩をしましたが、以前のオドオドとしたカイくんの姿は、もうありませんでした。
E9EC9AD3-46D6-4FEF-A947-6EA84CE1702C.jpg
全く、何も問題のないフツ~の家庭犬になっていました。

トレーナーさん・・・流石です。信頼を裏切りません。
引っ張り癖も、よくなっていて、言葉もよく解るようになっていました。
44052346-6974-4922-B843-B3FFC31948D3.jpg
モモちゃんと一緒のお散歩も、カイ君は、モモちゃんを気にすることもなく、普通の家庭犬の姿で歩き、走っていました。

カイ君の先々に明るい兆しが見えてきて、嬉しくなりました。


一方、モモちゃんは・・・


あんなに、他の犬を怖がり、前回は、怖くて、車から下りれなかったのですが・・。
犬が一斉に吠えているトレーナーさんのグラウンドで、すんなり車から降りていました。

69352.jpg
カイ君とも一緒に散歩できるという現実・・・、
明らかに犬が怖いということを忘れてしまっている事を示していて、やっぱり認知症なのかと、複雑な気持ちではありました。


カイ君に会った18日の水曜日は、そんなもモモでした。


翌日19日の朝から、ご飯を全く食べなくなり、夜には、少し嘔吐しました。
そして、尿の色が濃くなったりしたので、再度、20日に、受診しました。
09E1E8DF-680D-4B2D-9DB5-EBFD233E57C9.jpg

食欲のない日が続いていましたが、明らかに悪化していました。
これまでに何度となく受診し、そのたびの採血で異変はなく異常なしの診断結果が続いていました。

3日前のデータも正常値。
たった3日しか経過していないのに・・・
これで受診して検査しても同じ結果なのではなかろうか・・・

先生も、数日で、そんなに値は変わりません、とか、言わないだろうか・・
などという考えが、一瞬、頭をよぎりましたが、異常がなければ、それはそれでいいことです。

正常値だったのはあくまでも、「3日前のデータ」です。
後で後悔するより、受診して今日の、今のモモちゃんの健康状態を知ることの方が大切です。

3AD0C297-91E7-4CEB-A99E-0592644DDB77.jpg

エコー検査では、胃腸の蠕動運動の低下、殆ど動いてないくらいということも確認できました。
血液検査の結果、急性膵炎を疑えるようなリパーゼの数値が、3日前の3倍になっていました。

F4C1F992-43BF-43C9-AA1F-25CB2011381D.jpg

一過性のものもあり得るらしいのですが・・
取り敢えず、皮下点滴をして貰い、プレドニンとフラジールの内服治療が始まりました。

その日は、食欲はなかったのですが、驚いたことに、病院から帰宅以降、徘徊などの異常行動がなくなっていました。
ステロイドもすぐに内服させました。

次の日の様子を見ていて、一層、驚きました。
モモちゃんが、フツーの以前のももちゃんになっていました。

何がどこに効いたのか・・・見当もつきません。
もしかしたら、脳のどこかに支障があり、ステロイドが効いたのでしょうか。
皮下点滴で、電解質異常など・・何かが水分補正で整って、せん妄が取れたのか・・・

異変が起きてから、ちょうど1週間・・・
一昨日21日からは、ガリガリいう口の音もさせるようになり、歩くし遊ぶしで・・本当に、以前のモモちゃんに戻りました。

01889EC7-5221-4FB1-A1CD-07265A735036.jpg

何がどうなって、認知症の症状が良くなったのかは解りませんが・・・

また、おかしくなるかもしれませんが、兎に角、今は、膵炎のフォローが必要です。
膵炎が酷くなる前に、治療ができて良かったです。


認知症の症状が劇的に改善した理由はわかりません。
プチ脳梗塞ができて神経症状があって、その炎症部位にステロイドが効いたのか・・

脳神経症状は、体の反射や瞳孔の光反射でも確認できなかったようですが・・・人間でもプチ脳梗塞は、別に神経症状はなかったりしますものね。
膵炎の治療をして、認知症の症状も改善してくれたので良かったです。

笑顔のモモちゃんが戻って来てくれて、本当に嬉しいです。
momo2023.jpg

身体って、不思議で偉大です。
また、報告させていただきます。

| 犬&猫 | 15:23 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT